7 Days to Die【a19.1】 スキルシステム解説 おすすめスキル紹介

7 Days to Die

色々なスキルがあってどれを優先したらいいのかわからないなぁ

今回はこんな悩みを持っている初心者さんのために、7 Days to Die スキルシステムや、初心者向けおすすめスキルについて説明していきます!

是非参考にしてみて下さい!

この記事はPC版の説明になります。

 また執筆時のバージョンはAlpha19.1 (b8)となっております。

スポンサーリンク

7 Days to Dieのスキルシステムについて

7 Days to DieにはAlpha13というバージョンよりスキルシステムが導入されています。

スキルシステムはアップデートによって仕様が変化してきてますが、今回は現バージョンAlpha19.1

における説明になります。

現在最新バージョンは19.3aです。
マイナーアップデートなので、スキルシステム等に大きな変更は今の所ありません。

スキルシステム:特性について

特性はスキルというよりステータスの考え方に近いです。

特性には

知覚  (Perception)

強さ (Strength)

忍耐 (Fortitude)

素早さ (Agility)

知能 (Intellect)

の5個があります。

それぞれの特性ごとに能力が上昇していく武器種が決まってます。

となると当然一つの特性を集中して上げた方が強い武器種を作ることができます。

なので一つを集中して上げた方が良いですよ!と言いたいところなんですが・・・

次に説明する特殊技能が一つの特性を集中して上げるだけだと限られたものしか習得できないため

便利な特殊技能を中々習得できなくなってしまいます。

ですので一概に集中した方が良いとは言い切れません。

各特性ごとの対応武器種や特徴は以下のようになっています。

知覚

対応武器種

スピア ライフル グレネード ロケットランチャー

レベルを上げるほど上記武器でのヘッドショットダメージ、部位切断確率が上昇

対応武器種のバランスが取れています。

強さ

対応武器種

棍棒 スレッジハンマー ツール系 ショットガン

レベルを上げるほど上記武器でのヘッドショットダメージ、部位切断確率が上昇

近接に特化している印象です。

忍耐

対応武器種

ナックル マシンガン

レベルを上げるほど上記武器でのヘッドショットダメージ、部位切断確率が上昇

AK47が好きな人はこちら

素早さ

対応武器種

弓  クロスボウ  ピストル  マグナム  ナイフ マチェーテ

レベルを上げるほど上記武器でのヘッドショットダメージ、部位切断確率が上昇

軽めの武器が多い印象。

マグナムがあることで高威力もこなせます。

知能

対応武器種

ロボット砲台 スタンバトン

レベルを上げるほど上記武器でのヘッドショットダメージ、部位切断確率が上昇

タレット強化で強固な拠点を作成することができます。

スキルシステム:特殊技能について

特殊技能は他のゲームでいうスキルに該当するものになります。

パークと呼んだりもします。

特殊技能にも特性と同じカテゴリ分けがあります。

特殊技能のレベルを上げるには、対応している特性を一定レベル以上上げる必要があります。

ですので一つの特性を集中的に上げちゃうと特殊能力の選択肢が狭まります。

特殊能力は特性と違い、それぞれ違ったユニークな効果を持っています。

どのカテゴリにも魅力的な特殊技能があるので、どんなビルドにするかかなり悩みます。

スキル画面の解説 スキル習得方法

念のためスキルの習得方法についても解説させていただきます。

Nキーでスキルメニューを開きます。

こちらの画像は特性の部分について説明しています。

特性はレベル10まで上げることができます。

レベルが上昇するにつれて、費用が上がっていくので10まで上げるのは中々大変です。

続いての画像は特殊技能についての説明になります。

特殊技能はそれぞれ最大レベルが違います。

レベルを上げるためには画像のように、特性の数値が条件になりますので習得したい特殊技能に合わせて特性のレベルをあげていくことになります。

上の画像では知能レベルが4レベルのため、高度エンジニアリングという特殊技能のレベル3である電気技師というスキル習得条件を満たせず、購入のアイコンが南京錠マークになっています。

初心者におすすめの特殊能力

特殊能力はその一つ一つが強力であるため、どれを上げたらいいのかわからない。

そんな悩みをみなさんお持ちでないでしょうか?

僕は毎回悩みます(笑)

人によって目指したいビルドが違うと思いますので、一概にこれはおすすめだ!とは中々言えないところではあるのですが、初心者の方に向けて序盤に取っておくとゲームが快適になる特殊能力を紹介したいと思います。

セクシーティラノサウルス 【強さ(STR)カテゴリ】

習得することで石斧などで木の伐採をしたり、石を砕いたりするときのスタミナ消費量を削減してくれます。

採掘中等にスタミナが切れてしまうと動きが止まってしまうので、こちらの特殊技能でそんなストレスを軽減することができます。

レベル2までは軽減率の上昇値が高いので、レベル2まで習得しても良いかと思います。

ゲーム序盤から大いに効果を発揮できる特殊技能になりますのでおすすめです。

ラバ 【強さ(STR)カテゴリ】

習得することでペナルティを受けずに持つことのできるアイテム枠を増加してくれます。

7 Days to Die では所持品のスロット数が限られています。

しかもその中のいくつかが、所持することで移動を妨げるペナルティの要因となっています。

画像ではラバのレベルを2レベルまで上昇させています。

ラバを習得していないと、上の3列分しか正常にアイテムを所持することができません。

探索をしているとアイテムがすぐにいっぱいになるため、ペナルティ枠に多くアイテムを持ちすぎると移動速度がかなり減少します。

しぶしぶアイテムを捨てる羽目になることもあるので、こちらもある程度レベルを上げといた方が良いと思います。

ルールー1:有酸素運動 【忍耐(FRT)カテゴリ】

習得することでダッシュできる時間が増加します。

正確にはダッシュ中のスタミナ回復量が上昇するので、相対的に長く走れるようになるといったものです。

序盤は移動手段が乏しいので、探索などのストレスを少しでも減らすには長く走れた方が良いと思います。

ただ、バイク等の乗り物入手後は遠距離の移動はそちらがメインになるため、我慢してあえて習得しないという手も有りかもしれませんね。

高度エンジニアリング 【知能(INT)カテゴリ】

習得することで対応した設備でのクラフト速度が上昇、かつ電動系のレシピの開放や必要素材の削減もしてくれます。

クラフトはこのゲームの醍醐味でもあるので、このスキルを習得することでもっとクラフトを楽しめるんじゃないでしょうか。

また、このゲーム最大の特徴であるフェラルホードへの対策もとれます。

大量のゾンビが押し寄せてくるときに電動トラップは非常に心強い味方となってくれます。

しかもこの特殊能力をレベル3まで上げておけば、電動トラップで敵を倒した際に経験値を得られるようなります。

大量に押し寄せてくるゾンビの経験値を美味しくいただきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

7 Days to Die では結構な種類のスキルがあるため、色々なビルドを考えるのもこのゲームの楽しみ方の一つだと思います。

結局は自分の好きなようにやるのが一番楽しめるんじゃないかなと思いますので、結論としてはそんなに悩まなくても良いかなと思います。

私が今回紹介したスキルはあくまで私が有用だと感じたものですので、絶対に取らないとダメ!ってわけじゃありません。

一つの目安として役立てていただけたらなと思います。

それでは今回は以上です。

7Days to Die【攻略】まとめページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7 Days to Die
スポンサーリンク
かしゅうをフォローする
Steamゲーマー戦記

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました