7 Days to Die【a19.1】オートバイについて 作り方や魅力を紹介

7 Days to Die

7 Days to Dieにおいて乗り物は、広大なマップを探索する際や、トレーダークエストの行き先に向かう時にとても便利なものです。

この記事では、そんなバイクの作り方や魅力について書いてあります。

自転車、ミニバイクと比較すると、バイクで一気に世界が変わります。

※この記事はPC版の説明になります。

また執筆時のバージョンはAlpha19.1 (b8)となっております。

スポンサーリンク

オートバイの作成に必要なもの

オートバイ作成には以下の素材が必要です。

ハンドル(タイヤでしょうね。)  2個

オートバイシャーシ       1個

オートバイハンドルバー     1個

エンジン            1個

車両用鉛電池          1個

ハンドルは自転車やミニバイクでも必要でした。

ハンドルの入手方法はこちらの記事で紹介しています。

エンジン、車両用鉛電池は車をレンチで解体していれば確率で入手できます。

オートバイシャーシオートバイハンドルバーは壊れた作業台や、ガソリンスタンドの箱などから入手できますが数が少ないし、中々出ないのでクラフトした方が早いかもしれません。

ただしどちらもクラフトのためには設計図、もしくはグリースモンキーのパークレベルが3以上必要になります。

オートバイシャーシのクラフト素材

この中で一番入手が困難なのが鍛鋼です。

鍛鋼のクラフトには炉が必要なんですが条件があります。

坩堝(るつぼ)という精錬アイテムがないとレシピ解放されないので、トレーダーからこまめに購入して集めておくことをおすすめします。

オートバイハンドルバーのクラフト素材

こちらも鍛鋼以外で入手が大変なものは特にありません。

ヘッドライトも、車をレンチで分解して入手できます。

オートバイの魅力について

乗り物の中の一つオートバイは、個人的にイチオシの乗り物です。

理由を紹介していきます。

理由その1 とにかくカッコいい!

このオートバイ、ほどほどに世紀末感があってとてもカッコいいです!

ただし正面のトゲトゲは、ただの飾りなのでご注意ください(笑)

理由その2 燃費と性能のバランスが良い!

オートバイは同等速度の4駆トラックに比べて燃費が良いので、ガソリンの節約もできます。

トラックの方は複数人で乗ることができるというメリットがあるのですが、普段使いだったらオートバイの方がおすすめです。

理由その3 十分な収納数!

オートバイの保管庫は36枠と十分な数を保有しています。

自分が持てる枠と合わせれば、探索で困るようなことはほとんどありません。

まとめ

7 Days to Dieではトレーダークエストは結構重要な要素で、何度も請けることになると思います。

そんな時乗り物が無いとかなり効率が悪いので、正直乗り物は個人的に必須アイテムだと思ってます。

そしてその中でもオートバイは扱いやすく、最後まで使い続けていける代物です。

まだ入手していない人は、是非とも入手して使用してみてください。

それでは今回は以上です。

7Days to Die【攻略】まとめページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7 Days to Die
スポンサーリンク
かしゅうをフォローする
Steamゲーマー戦記

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました