【Demon’s Souls】PS5版 プレイ感想

PS5レビュー

ついに発売されたPS5

そのローンチソフトとして「Demon’s Souls」リメイクが発売されました。

今回は実際にプレイしてみた感想を記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

概要

ジャンルアクション                                
対応機種PS5
発売元ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日2020年11月12日
プレイ人数1~6人
CEROD(17才以上対象)
価格7.900円+税
公式サイトhttps://www.megacrit.com/
権利表記©2009-2020 Sony Interactive Entertainment Inc.
ソニー・インタラクティブエンタテインメント Privacy Policy & EULA
※20年11月14日時点

プレイしてみて感じた点

グラフィックの進化

最初のBOSS 拡散の先兵 見事に負けました

やはり気になるのはグラフィック。

PS5でフルリメイクされたことでかなりグラフィックが進化しています。

奴隷商人の顔がリアルすぎて怖い

細かい表情や、しわなどの繊細な部分が良く分かるほどに綺麗なグラフィックになっています。

敵兵の表情 必死さが伝わる

まだまだ序盤ですが、このグラフィックでDemon’sをできると思うとわくわくが止まりません。

ロードは爆速

ロードの時間がオリジナルに比べてかなり速くなっています。

本作は死にゲーなので、ロード時間の短縮はかなりのメリットになっています。

具体的な時間ですが、YOU DIEDで画面が白い煙に切り替わってから5秒で再開できます。

何度見ることでしょうか
死亡時のロード画面
5秒後には復帰できます

 このロード時間であれだけのマップを読み込むことができるPS5、流石ですね。

日本語ボイスがなんだか新鮮

CV:早見沙織さん

オリジナル版では英語で喋っていたキャラクターたちが今作では日本語で喋ってくれます。

デモンズソウルって読み方の難しい単語とかが多くでてくるので、日本語で読んでいただけるとわかりやすくて助かります(笑)

それにオリジナルで十分楽しんだ方からしても、変化のある所なので新鮮にプレイできるのではないでしょうか。

回避ボタンがオリジナルと違う

PS5は決定ボタンが基本的に✖ボタンになっているのですが、その影響からか本作では〇ボタンが回避ボタンに割り当てられています。

このキー設定は残念ながらゲーム内で切り替えることができません。

ですがPS5側の設定で〇と✖のボタンを入り変えることができるので、それをしておけばオリジナルと同じように、✖ボタンで回避〇ボタンで決定といった設定にできます。

ただしPS5側でコントローラのボタンを逆に機能するようにしているだけなので、ゲーム内でのボタン表示は変わりません。

つまり〇を決定に変えていても、ゲーム内では✖(決定)というような表示になります。

このあたりは、ゲーム内で自由に変えられるようにしてあると良かったなと思います。

UIがなんだか見慣れない

個人的な感想ですが、体力やスタミナのUIがシンプルになりすぎていてダサく感じてしまいます。

見づらいというわけではないので、特に問題は無いのですが気になる人は気になるかも。

まとめ

本作が一番力を入れている所はやはりグラフィックの進化でしょう。

その他は割とオリジナルに忠実に作られているように感じます。

敵の配置や、アイテムの配置などは覚えている限りでは同じように思いました。

またロード時間の短縮のおかげで、死んだときのストレスが多少軽減されているようにも思えます。

オリジナル版を死ぬほどやり込んだ人でも、進化したグラフィックなど新鮮にプレイできると思いますので、ぜひプレイしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PS5レビュー
スポンサーリンク
かしゅうをフォローする
Steamゲーマー戦記

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました